レスタースクエア周辺 勝手に巡回警備員

ロンドン

2018年8月18日~8月26日 ロンドン旅行日記~シェイクスピア三昧より~

ロンドン・ピカデリーサーカスから徒歩6分程のレスタースクエア周辺の見回り。町の治安を守りましょう!

TWG Tea-高級紅茶ショップ(商標権侵害他)

TWG Teaとは
2008年シンガポールのラッフルズ・プレイスのリパブリックプラザにティーアウトレットをオープン、同年ティー製品はニューヨークのディーンアンドデルーカで販売され、2010年4月に東京自由が丘に最初の海外店舗をオープンした。その後6年の間に14ヵ国にサロンとブティックをオープン。
TWG Teaは「最初で唯一の高級ティーサロン」と称される高級ブランドで、世界中のお茶生産国から800種類以上のお茶を販売しており、紅茶の入ったペストリーやデザートなどの食品、金やプラチナのティーカップなどの高級茶アクセサリーも販売している。

レスタースクエア店
2018年5月、レスタースクエアとナイツブリッジに新しくサロンサイトをオープン、両拠点はアジアとヨーロッパのコンセプトに基づいており、1920年代の象徴的な2階建てのコミュニケーションハウスのレスタースクエア店は、653平方メートルのスペースにティー缶が並ぶ11メートルの柱と、ギフト、パッケージ入りの紅茶、お茶のアクセサリーを販売しているブティックとパティスリーカウンターがあり、シノワズリをモチーフにしたアンティークの中国風スクリーンが120席のティーサロンへと続く階段の手すりを装飾している。
天井に茶葉の形をした華やかな中華風の部屋とアンティークの赤漆塗りのパネルがあり、後ろには会社にとって初めての茶工芸品博物館がある。博物館には、中国、インド、そして茶のルーツを示すものがある。
CEO Taha Bouqdib氏「レスタースクエア店で1階と2階の完全な天井の高さを使って、まるでお茶の寺院にいるかのようなアジアの精神を創り出したいと思った。また店のために本物の骨董品を使い、それらのためにバルコニーを作った」

訴訟その1 商標権侵害訴訟
2011年、シンガポールに上場しているTsit Wing社(香港)と、その子会社であるTsit Wing International社(香港)は、商標登録している略語”TWG”の商標権侵害を主張してTWG Tea社(シンガポール)に対して訴訟を起こした。

Tsit Wing Groupとは
1932年、家族経営の会社として設立されたコーヒーと紅茶製品の卸売業者のTsit Wing Group社香港で事業を展開、2006年にコーヒーと紅茶、砂糖を含む商品について”TWG”を含む2つの商標を登録、”TWG”マークを創立75周年記念の祝賀とともに採用した。

TWG TEA社とは
2003年にスパとスキンケア商品を取り扱う会社としてマノイ・ムルジャーニ氏(Manoj Murjani)によってシンガポールに設立されたThe Wellness Groupの子会社として、2008年、最高級の国際的な高級茶開発を目的としてシンガポールのビジネスマンのムルジャーニ氏と、モロッコ系フランス人のタハ・ブクビッド氏(Taha Bioqdib)によってシンガポールで設立された。同社は”1837 TWG TEA”のロゴを採用、「1837」の4桁の数字はそれまで東インドの企業独占で行われていたお茶の取引が、シンガポールの商工会議所が設立され無料のお茶の取引が開始された年へのオマージュとして含まれている。
会社は急速に拡大し、2011年12月8日オジム・インターナショナルが35%所有するTWG Teaが香港のIFCモールにティーサロンをオープンしたのをきっかけに”TWG”ロゴをめぐって商標侵害問題勃発!
The Wellness Groupの主張としては「TWGはThe Wellness Groupの略語!」とのこと。

決定
2016年1月、香港最終控訴裁判所は「TWG」マークの使用権に関するTWG Teaグループ企業からの控訴を棄却。控訴審の却下の結果、高級ショッピングのIFCモールの高級ティーサロンが香港での事業の名称を変更しなければならなくなった。
一連の商標における主要な特徴および色要素の重要性を参照して商標の侵害類似性を譲渡することを決定する際に、決定は主要な決定であり、商標法のいくつかの重要な側面を明確にしている。

Tsit Wingグループ(被告)は、商標条例第18条第3項に基づく登録商標の譲渡および侵害について、TWG TEAグループ(上訴人)に対して審理中に訴訟に成功。裁判官はTWG Teaグループに対して差止命令を出した。裁判官の判決に対するTWG Teaグループの控訴訴訟は、後2014年に控訴裁判所により棄却された。商標法に関する6つの質問について最終控訴裁判所に控訴することを認められた。

決定による注意事項
商標条例第18条第3項の「類似性」と「混乱の可能性」の要件は、別々に検討されるべき2つの別々の問題であり、「類似性」と「混乱の可能性」の間には因果関係がある。

商標所有者が香港で一連の商標として同じ商標のグレースケール/白黒版とカラー版を登録するのは一般的な慣習で、「一連の商標」の定義と、そのような登録は色が特徴のないものであり、商標のアイデンティティに実質的に影響を及ぼさないことを意味するという香港最終控訴裁判所の認定の承認を考えると、商標所有者は特にカラーが商標の所有者が独特または際立った特徴として主張している要素である場合は、同じマークのグレースケール/白黒およびカラーバージョンをシリーズとして登録することに用心しなければならない。

元の単なる「希薄化」に基づく差止命令を首尾よく取得するためには、原告は、同一または類似の標識の被告による使用に対して「周知」である登録商標を保護する条例の第18条第4項に頼る必要がある。これは「正当な理由なしに」であり、「登録商標の不当な優位性を利用するか、またはその独特の性質または評判を損なう」ものです。

訴訟その2 株式訴訟
2014年2月17日、創業者のマノイ・ムルジャーニ氏がOSIM Groupによって不法に株式が希薄化されたと主張し、その結果、以前に締結された株式保有契約に違反したと訴えた。
(とりわけマク・ユンティ准教授をTWG Tea Company Pte Ltdの取締役に選任するよう命令した)

決定
裁判は2016年に完了し、ムルジャーニ氏の主張は棄却された。

紛争のはじまりと経過
OSIMに対するTWG(The Wellness Group)と創設者マノイ・ムルジャーニ氏間の紛争は、2011年3月18日付けの株主間契約に遡る。

1. 2011年初頭、当時のTWG Tea社取締役兼最高経営責任者(以下「CEO」)のマノイ・ムルジャーニは、OSIMによるTWG Teaへの投資に関して、ロン・シムとの交渉を開始。
※OSIMはその後、シンガポール証券取引所に上場した公開企業で、ロン・シムはOSIMのCEO、取締役、会長

2. 2011年3月18日、OSIMはTWG Teaの株式の35%を取得、他2人の株主、ウェルネスとパリは、それぞれ54.7%と10.3%を保有していた。同じ日に、ウェルネス、OSIM、パリとTWG TeaはSHAに署名。
SHAの第5.2項はTWG Teaの取締役会の構成を規定しており、以下のように記載
5.2構成:理事会は以下を構成するものとする
5.2.1 パリスとウェルネスによって任命された2人
5.2.2 OSIMの持ち株比率が25%以上である限り、OSIMによって任命された1人、その人はロンシムになるでしょう

3. その後、ムルジャーニとロン・シムの間で紛争が生じる。
 2011年12月、ロン・シムはCEOとして継続しているムルジャーニの適合性をレビューし、そして最高経営責任者(CEO)として彼を削除することが適切であると思われる場合TWG Teaボード会議を開催するよう求めた。しかしさまざまな理由から理事会は開催されなかった。

4.2012年8月14日、ムルジャーニはTWG TeaのCEOを辞任、2012年9月28日にTWG Teaのディレクターも辞任したが、当時ウェルネスはTWG Teaの取締役会でムルジャーニに代わる人物を任命しなかった

5.その後、TWG TeaにおけるOSIMの持分は45%に増加し、ウェルネスとパリの持株比率はそれぞれ46.3%と8.7%に減少した。

6.2013年10月18日、OSIMはパリの全株式を購入し彼らのTWG Teaの持株比率は53.7%になった。

7.2013年11月、TWG Teaは資金調達のための新株予約権の申し込みがあったが、ウェルネスは新株予約権に申し込みをしておらず、OSIMとパリは共同で新株予約権を申し込んだ。その結果、OSIMとパリは合わせてTWG Teaの株式の69.9%を保有し、ウェルネスの株式保有は30.1%に希薄化された。(今日までウェルネスはTWG Teaの株式の30.1%を保有し続けています)

8.2014年2月、ウェルネスとムルジャーニは、OSIM、パリおよびTWG Teaの取締役に対して少数株主による抑圧行為と主張。(2016年4月22日、請求を却下)

9. 現在の目的のために唯一関連するものは、SHAに暗黙の用語があるということで、過半数株主は、TWG Teaの取締役会に2名の取締役を任命する権利があります。また、TWG Teaの少数株主は、暗黙の任期を任命することができます。黙示的な契約条項は、それ自体であろうとパリとであろうと、ウェルネスがTWG Teaの過半数株主ではなくなった状況を取り上げています。本件では、ウェルネスが過半数株主となり、OSIMがパリとともに過半数株主となりました。(少数株主としての)ウェルネスはTWG Teaの株式の30.1%を保有しているため、TWG Teaの取締役会に取締役を1名任命する権利があります。

Need more Information here

訴訟その3 ドメイン所有権と損害賠償
ドメイン所有権
2007年8月、TWG Tea社設立前に創設者であり元最高経営責任者のムルジャーニ氏は、自分の名前でドメインtwgtea.comを登録、同社は現在もそのウェブサイト、オンラインストア、および電子メールサーバーをホストしているインターネットドメイン名として使用、その所有権の返却に関してTWG Tea社による訴訟開始!

一方のムルジャーニ氏は、ドメイン名の登録と所有権をその正当な所有者に譲渡することを拒否することによりTWG Teaを身代金として保有し、現CEOのタハ・ブクビッド氏とその妻のマランダ・バーン氏に反対訴訟を起こした。

損害賠償
ムルジャーニ氏は自分の費用でドメイン名を使用したことで会社からの補償を求めており、TWG Teaの創設者としての彼の役割について誤った声明を出したことで会社およびブクビッド氏に対しても損害賠償を請求している。

2018年11月16日現在、裁判継続中

巡回記録
創業まだ10年程なのに商標権、株数割合、ドメイン所有権と、権利の奪い合いが激しい・・・
商標権はまぁよく起こる問題だとして、今回ドメインの所有権で争いごとが起こるというのは初めて聞いた。考えてみればドメインも会社、お店の看板だし共同事業を始めるときは注意しなければと勉強になったな。

Shake ShacK-NYバーガーチェーン(独占禁止法他)

Shake Shackとは
2001年ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンの再建の一環としてホットドッグカートとしてはじまり、2004年7月に新しいキオスクスタイルのレストラン運営の入札により公園内のスタンドに移動、ホットドッグからハンバーグ、フライ、ミルクセーキを含むメニューに拡大した。当初はニューヨーク市のために特別に設計された単一店舗を意図していた。2010年6月にマイアミビーチのサウスビーチ周辺のリンカーンロードモールにニューヨーク市の外で最初のレストランをオープン、2010年7月12日に、Shake Shackレストランがシアター地区とアッパーイーストサイドにオープンした。同社は、天然、ホルモン、抗生物質を含まないアンガス牛肉を使用していると宣伝しており、2014年末に株式の新規株式公開を申請する公開会社となり、最初の株価は21ドルで、取引初日には123%上昇して47ドルになった。

訴訟その1 不当解雇
2017年9月、ニュージャージ州の元従業員デリック・ビア氏が、シェイクシャックに対して不当解雇による精神的苦痛に対して$100万の損害賠償をマンハッタン連邦裁判所に訴訟を起こした。

経緯
原告のビア氏は、訴訟を起こす前の5年間バーガーチェーンに雇われ、想定される食品安全衛生規定違反に注意を向けたために解雇されたと主張。食品の問題には、「従業員に食品アレルギーに関するトレーニングを受けさせなかったこと、またはアレルギーのある顧客向けに食品を準備することを怠った。目に見えて病気の従業員が仕事を続けることを許可し、キッチンや備品の不適切な清掃技術、勤務中の火傷を適切に調査し対応することに失敗。」ビア氏は、これらの問題を数回報告し、最終的に職場移動を求めた後、彼は解雇されたと言っている。

シェイクシャック側
ビア氏は他の従業員の携帯電話を盗んだため解雇した。食品安全管理はしっかり行っている。

現状
2019年4月2日時点、本件に関するアップデートはない。

訴訟その2 独占禁止法違反による損害賠償
2017年10月6日、カリフォルニア州の連邦裁判所に提起された集団訴訟は、原告ティモシー・ブラウンにより、被告シェイクシャックの創設者ダニー・マイヤーと彼のユニオンスクエアホスピタリティグループ(ユニオンスクエアカフェ、グレイシータバーン)、有名シェフCraftのトム・コリッキオ、レストランMomofukuのデビッド・チャンおよびその他のベイエリアのレストランを含め「チップからサービス込みの価格固定する事により、レストラン側が違法に価格を値上げし顧客は過大に請求された」というもので、原告らによると、この共謀は反トラスト法、連邦シャーマン法、カリフォルニア州カートライト法、ニューヨークドネリー法の違反で、「価格固定の陰謀の結果として過大請求された人は、彼らの損害賠償額+費用および合理的な弁護士費用の3倍を回復する権利がある」「給仕や慣習的にチップを貰っていた従業員もまた、3倍の損害に対して実行可能な主張をする可能性がある」 と述べ損害賠償を求めた。

決定
カリフォルニア裁判所裁判官は提案された集団訴訟を棄却。 彼は、ほんの一握りのレストランに対して価格決定の訴訟を起こすのは難しいと示唆。

Need More information here 申し立て却下の裁判所命令(英文)

経緯
2014年秋、ベイエリアのレストランがダニー・マイヤーが推奨する「チップの価格を下げ、メニュー価格を20%引き上げる」ことに同意した。2015年10月マイヤーのフルサービスのレストラン13店舗でチップを廃止し、食後に現金を置いていくより1人ひとりの料理に25%以上を乗せることを指示。

参考URL
2017年1月19日Shake Shack CEOダニー・マイヤー チップに対する考え方記事(英文)
2017年10月19日チップ廃止に関するジャーナリスト パトリック・クリントンの記事(英文)

巡回記録
2015年東京にも進出したシェイクシャック。今回の訴訟調査でアメリカのチップに関する記事に目を通したけど、その歴史と経営者、消費者の考え方など大変興味深い。いつかチップに関するブログ書こうかな。

グロッケンシュピール-スイス時計(訴訟なし)

グロッケンシュピールについて
2011年11月、ダービーの時計職人スミスはスイス人のアーティストと協力して自立型の音楽時計を再建し修正した。
高さ10メートルで、現在はダービーから無線で制御されていますが、グロッケンシュピールはロンドンの王立音楽アカデミーとベルンの音楽芸術大学によって書かれた新しい音楽を演奏している。
–2007年解体直前のグロッケンシュピールのYouTube videoはこちらDavid Gachechiladze

再建の背景
1968年に、スイス文化を紹介し、観光を奨励するように設計されたモダニスト建築の一部であるスイスセンターがレスタースクエアのすぐ西にオープンし、それは14階建てのタワーブロックを背景にした2階建ての表彰台で構成されていました。表彰台にはスイスのモチーフと広告が描かれたトーテムポールが含まれており、表彰台の向かい側にあるレスタースクエアにはカリヨン-11の動くスイス人形(1968年にフリッツフックスによって彫られた)と並んで置かれた27の鐘から成っている楽器がありました。
1984年に、スイスとリヒテンシュタインからの友情の贈り物としてグロッケンシュピールが追加され、ピカデリーサーカスとレスタースクエアの間を通過する観光客やロンドン市民にとって、スイスセンターは人気の停留所となりました。
スイスセンターの複合施設には、スイスの観光局や銀行やレストランを含む他のスイスの企業が含まれていましたが時間が経つにつれてナイトクラブ、タクシー観光客の店、アートハウスの映画館など、スイス以外の企業が出入りするようになり、2002年にウェストミンスター市議会は、スイスセンターが建物として機能していないと結論づけ、2006年に評議会はその解体に同意し、2008年までに敷地内に建設されたWロンドンのホテルと共に姿を消した。

巡回記録
とくにこの音楽時計に関する訴訟はなく、時間がくると平穏な音楽を奏でている。

ストリートパフォーマンス(Buskingライセンスと騒音)

ロンドンのバスキング(Busking)
Buskingとは、大道芸人が観衆からおひねりを頂く行為の事で、ロンドンでは違法ではないけれども地域ごとに規則が異なり、ライセンスが必用な場所もある。どの場所でパフォーマンスする場合でも、大音量の騒音をたてたり、公道を遮断したり、支払いを提示したりしてはいけない。また、14歳未満の子供のパフォーマンスは許可されていない。

ロンドン地下鉄での演奏
16年前に地下鉄の350万人の乗客の見込み客に公演する機会を与えるLondon Underground Busking Schemeが開始され、毎週35本の公式バスキングピッチと毎週1,800以上の予約可能なパフォーマンススロットがある。これには音楽業界専門家によるパネルオーディションがあり、オーディションに年齢制限はないが申請者は16歳以上のイギリス出身でソリストとデュオだけが参加できる。
Busking License (England and Wales)
制限事項:
・騒がない
・公共の高速道路(歩道、舗装道路、歩行者専用区域)を塞がない
・支払いを求める通知を表示しない
・商品販売をしない(ストリートトレードのライセンスが必要)
・町の特定の場所または限られた期間の間だけバスキングする
・14歳未満のお子様はバスクをすることはできない

適用方法
・議会に連絡してbuskingライセンスが必要かどうかを確認。申請時に手数料を支払う必要があります。
・その地域のウェブサイトを通して申し込むことができるかもしれません。
・ライセンスを表示する( ライセンスが必要な場合は、演奏時に常に表示する必要があります)。

ウエストミンスター地区の現在の問題
ストリートパフォーマーは、ウェストミンスターで演奏する許可を必要としません、また彼らはどんな指定された場所や基準にも制限されません。現在の問題は以下のとおり

・騒音レベル ー 周囲の雑音の6db上の約75〜78dbであれば問題ないが多くの場合、最大100dbのノイズが検出されている
・数 – レスタースクエアのノーステラスなどの地域では、ピーク時に最大12ダースの種類がある可能性がある
・質 -「行為」の多くは貧弱であり、しばしば金銭の積極的な宣伝と組み合わされている
・適切性 – ごく最近では恐ろしい衣装やアクセサリー(衣装のナイフや斧)を使ったホラー映画の人物が登場
・通路の邪魔 – しばしば大きな円を作り舗装や公共のスペースが塞がれて過密状態になる。
・スケジュールの欠如 – 責任ある長年のパフォーマーは脅迫される可能性があり、新しいパフォーマーは自分自身を確立するのが難しいと感じている。多くの企業と大道芸人は親密な関係にあり、騒音レベルを下げるように要求すると、マイクを使用して言葉による虐待に変わることがある。
・累積的な影響 – パフォーマーのコントロールの欠如は悪い行動を正常化し容赦するのに影響し、パフォーマンスエリアには、反社会的行動、すり抜け、麻薬取引と消費、物乞いと路上での排尿、ゴミと清潔の問題、群衆に魅了されている無認可のトレーダーなどが集まります。

Need more information here:2018年9月3日ストリートパフォーマンスレポート(英文)

シェイクスピア・カンパニー(不動産家賃上昇差し止め)

シェークスピアシアターカンパニーとは
1ワシントンDCにある地域の劇場会社で主にシェイクスピア・キャノン(一般に35の演技で定義)に焦点を合わせているが、シーズンによってはイプセン、ワイルド、ショー、シラー、テネシー・ウィリアムズのような他の古典的な劇作家による作品を含み、同社はランズバーグシアターとシドニーハーマンホールで構成されているハーマンセンターで管理及び演奏を行っている。劇場は1992年から現在のランズバーグの場所にあり、2007年にシドニーハーマンホールで拡大しました。シェイクスピア劇場はハーマンホールを所有。

訴訟 家賃引き上げの差し止めと継続利用
2012年夏、シェイクスピアシアターカンパニー(STC)は、ランズバーグシアターインク(LTI)が同社の家賃を700%近く引き上げようとしたときに、その家主である非営利団体LTIに対して訴訟を起こし、立ち退きを拒否し12月に一時的な差止命令を勝ち取り劇場に留まることを認められた。その後、両当事者は法廷外で交渉を行った。

決定
2013年9月、家主(LTI)との紛争は合意に達し解決、新しい条件の下では「STCが劇場会社として運営され、施設を適切に維持している限りは自動的に20年のリースは更新され、我々はLansburgh Theatreの下にとどまる」。

巡回記録
レスタースクエアの中心にシェイクスピアの彫像があるので、シェイクスピアにまつわる訴訟を調査したところ見つけた不動産問題。とりあえず法定外で解決したから良いものの、家賃7倍って・・・

おまけ(著作権侵害疑惑)

なんか遠くに知ったキャラクターが・・・

ってアウトでしょ!

最期にシェイクスピア

この囲いはアルバート・クラントによって購入、レイアウトされ庭園として装飾されています。
  そして1874年7月2日に彼によって
招集された首都の業務委員会で自由に使用し公衆を楽しめるようにした。

巡回記録
今回、シェイクスピア巡りというテーマで旅行しており、レスタースクエアのシェイクスピア彫像を見に行くまでの道すがらに撮影した写真を紹介するにあたり、法律視点で調べてみたら色々と興味深い事が沢山でてきたので、機会があれば商標権に関係するブランディングやアメリカのチップの歴史について調査して書こうと思う。

コメント