USJ @The Singulari Hotel~名前覚えられないホテル~

娯楽

2019年4月20日~4月21日 我が生誕記念イベント

今回、私の生誕を記念して東京から大阪ユニバーサルスタジオジャパンへ向かうイベントが実しやかに執り行われた。全ては手配済みにより何にいくら費やしたかは無粋。というか私は知らない。
お昼前に東京駅を出て新幹線で新大阪に向かう。数年前に和歌山の幼馴染に会いに行って以来の西。

まずは車内で堪能するお弁当を入手!
相変らず把握していない東京駅構内で毎度おなじみの駅弁屋さんでお買い上げ。
・・・東京に何年住んでいようが滅多に踏み入れない場所は全くわからない。更に今は地下道は改装中で迷路。これ何か起こっても出口に辿りつけないんじゃないかと思う。
で、色々見て回るも早々に人混みに嫌気をさし目についたうにウニ雲丹弁当を手に取る。なんか余計なソースで和えたウニもあり雲丹好きとしては許せないけど致し方ない。

で、新幹線の指定席でお弁当を平らげつつあっという間に新大阪着。
ここから今回の宿「ザ・シンギュラリ・ホテル」のご紹介。

ザ・シンギュラリ・ホテルへのアクセス From東京

東京駅~新大阪駅 by新幹線
①JR京都線でJR大阪駅(約4分)
②JR大阪環状線・ゆめ咲線
 JRユニバーサルシティ駅(約12分)
②JR大阪環状線~JR西九条駅(約6分)
③JR西九条駅からJRゆめ咲線で
 JRユニバーサルシティ駅(約5分)

JRユニバーサルシティ駅改札右手直ぐがホテル

ロビー&フロント

駅から直ぐの開放的なホテル入口を入ると広々とした空間のロビーは一面ガラス張りで気持ちが良し。

ちなみにこのフロント前のスペースにアメニティー(ボディタオル、ブラシ、ゴム等)が置いてあり、必用なものだけ自分で持って行くスタイルなのですが、後で撮影しようと思ってすっかり忘れていた・・・

ロック式エレベーター

このザ・シンギュラリ・ホテルは2017年8月26日に開業した比較的新しいホテル。メインターゲットは外国人のようで色々と和テイスト。アメニティーのBy Myselfも外国人意識してなのか、効率重視的なことなのか。

で、エレベーターを使用するにはルームキーカードを左の場所にピッとする。これにより自分たちの部屋の階まで行けるようになる。つまり自分たちの部屋以上の階はボタンがロックされていて行けない、というセキュリティ。
何故それが確認出来たかというと、先に乗っていた男子グループが「何階ですか?」とエレベーターボーイをかって出てくれ、私たちの部屋のある「12階です」と答えたものの、彼らの部屋は6階だったためそれ以上のエレベーターボタンはロックが掛かっていて押すことが出来なかったのです。

というわけで私たちのルームキーをピッとしてロックを解除すると共に12階ボタンを押した。
「何だこれ、面倒だなぁ」といいながら一同苦笑。ま、まぁセキュリティ的には不要な階に侵入出来ないというセコム的なものだから・・・。
こうやって管理社会が世の中に根付いていき、日本人の美徳の1つである親切心を披露する場が失われていくのかも知れない。
そう言えば私はここ数年国内旅行をしていなかったので最近の国内ホテル設備事情には疎いのですが、ロンドンにもルームキーもしくはキーコードが無ければホテルに入ることすら出来ない場所あったなぁ。そのせいでちょっとしたパニック事件が起こったのもいい思い出。大体、何かわからない事があっても「そこに人がいるから」的な感覚でお尋ねして解決してきたのに、その「人がいる」ロビーまで辿り着けないという。これから色んな事が申請&許可がないと始まらない事が増えていくんでしょうかね。

館内通路

お部屋は#1225のクリスマスナンバー。
エレベーターを降りると何やらムーディー・・・というか薄暗いエレベーターホールに出る。照明がスポットライトだから明るさ範囲に限りがあるのでこうなるんですね。お洒落と思う人もいるだろうけど、私はひたすら真っすぐに伸びる薄暗い廊下がちょっと怖かった。スティーブン・キングの映画シャイニング・・・

#1225お部屋

いよいよお部屋に潜入!
と、その前に部屋のすぐ近くの廊下に「チケット販売機」なるものがあった。これは何のチケットだろう?
USJ用のチケットではないし、??の販売機だったので激写してみた。

ドアを開けると左手がバスルーム。シャンプーや歯ブラシは部屋に準備されているのですが、ボディタオルや髪留めゴム、ブラシはフロント前で必要なものを必用なだけ取って来る。
ちなみに、ボディタオルはソフトとハードの2種類あるのですが、これはハードがお勧め!ハードの方は収縮タイプなので背中ゴシゴシする時にも伸びる伸び~るで洗える。一方ソフトの方はスポンジサイズのままなので背中は誰かにゴシゴシしてもらわないと洗えない。

海外旅行に行って良く思うのがキッチンにしろバスルームにしろ高さがある。私は身長165㎝で日本女子としては高いとも低いとも言えない微妙なラインですが、とにかく旧式の日本建築だと色々と高さによって使いずらい。1番モヤモヤするのはキッチンのシンクの高さで、いつぞやからか日本の建築も高めに設計するようになっているけど、築何十年の家だと高さが腰骨より少し上あたりなので料理するのに猫背満載。健康的に良くない姿勢での残念なシェフになる。
また、外国人にとって日本のシャワーの高さは苦痛だろうなと思う。頭をゴシゴシ洗うにもシャワーヘッドが頭より低いと結果猫背でちんまり洗うことになる。今後(というかもう既に?)のインバウンド向け観光大国を志す日本としては宿泊施設の改善は必須。広さに関してはどうする事も出来ないけど、高さで何とかカバーしていけるかなと。ただ問題なのは今度は身長が低い人にとっては高さが苦痛。私の友人は海外旅行に行くと便座に座ると足がつかなくてブラブラすると言っている。色々と良しあしがあるけど、昨今の施設設備の高さが上がってきている事は個人的に朗報。

バスルームを出るとすぐベッド。
窓際のソファーベッドはとっても良い。旅行に行ってホテルのお部屋内で過ごす時間は短いけど、お茶を飲んだり会話したりする時間は必ずあって、大抵はベッドにゴロゴロするしかないのだけれど、このような座れるスペースが別途あると私服でベッドに転がりたくない自分はとっても嬉しい。実際この緑スペースを活用したし。

ちなみにお茶セットはコーヒーとか紅茶はなく、緑茶とウーロン茶のティーパック。冷蔵庫は使用するならスイッチオン。テレビでは館内案内があり大浴場の混雑状態が確認できる。画像は撮影していないけど右側に女子風呂、左側に男子風呂の絵が現れ、「混雑」「少し混雑」「空いている」という文字と共に人の影絵が増えていく。この使用状況は脱衣所の鍵付きロッカー使用分で人数をカウントしてるのかなぁ。ここにも管理社会が・・

カーテンを開けると窓の向こうに海が広がる。と今この時まで思っていたのですが、調べてみるとこれは海ではなく安治川という川。ど、どうりで漁船とかタンカーとか見かけなかった訳だ。しかも1684年幕命によって治水対策の一環として川を掘り割って開削された人工川だった。
でも青い空、青い水は目に優しく気持ちが良い。

こちらがホテルの館内着と頂いたもの。
右手の黒いのが館内着で手前のスヌーピーの黒バッグはチケットフォルダー。早速これを使おうと開封してみたものの密封されたビニールの臭いが思いのほかきつくて使用を断念。これはちょっと通気してからかな。
その奥の白いスヌーピーミニトートバッグは、お誕生日者のみに贈られるプレゼント。ランチバッグにピッタリです。

朝食ビュッフェ

このザ・シンギュラリ・ホテルは14階にある大浴場もポイントの一つですが、何と言っても朝食ビュッフェが素晴らしい!やはり外国人を意識してベジタリアンも歓喜する程の品ぞろえ。
沢山写真を撮ったのでご紹介

朝食は7時~と書いてありますが、宿泊客は6時30分から食べる事が出来ます。
という事で私たちも6時30分に入店。
今回のメインイベントであるUSJにはアーリーパークインを利用して入場するので7時40分にはゲートに並ぶ予定だったので、朝食前にチェックアウトを済ませ荷物をフロントに預けてからゆっくりとビュッフェに向かった。

食堂内は広々とした明るい空間。私たちは3番目くらいに入ったので席はまだガランとしている。

正直、これだけでも日頃のランチ1食分のボリューム。
学食同様に社会人もこんな感じのビュッフェスタイルのランチでいいのに・・・
700円くらいで凝ったメニューはなく野菜は切っただけのもの、味付けはドレッシングとかスパイスとかで自分で味付け、お肉やお魚もただ焼いただけで良いからさぁ・・・

和洋入り乱れるコーナー。
美味しそうなクロワッサンやデニッシュ、食パンがあったのだけど今回は私和食を頂く。
本当は2週目に洋食食べようと思ってたのですが、1週目でお腹いっぱい。こんな時に大喰らいの人が恨めしく思う。同じもの、例えばキング盛りとか食べているのには何も感じないけど、美味しい色んなものを食べられるというのはいいなぁ。

コーンフレークとヨーグルトもイングリッシュブレックファーストでは鉄板だけど、ここのヨーグルトソースは本当に美味しい。キウイもさることながらマンゴーソースは無茶苦茶ヨーグルトにあう!こちらホテルビュッフェをご利用の際は是非にご堪能あれ!

という事で朝食セットが完了しました!
ド定番の朝食。どれも美味しかったです。やはり私は味付けは西の方が好きだな。東は醤油味が濃ゆいと感じる。そして写真をアップしてるとまた食べたくなってきた。

プディング食べたかったけど、お腹いっぱいでヨーグルトをデザートに朝食終了。テイクアウトの珈琲があるのが嬉しいサービスですが、この後これを持ってUSJ開演に並んだので結構急いで飲み干した。しかし20分程並んでたのでそんなに急がなくても良かったというオチ。

流石に大浴場は撮影できないですが、川に向かってガラス張りの大浴場は一応露天風呂という事で窓の上の方が開いているので外気が入り込んでいる。朝5時に起床してそのままお風呂場に行くと1名先人がいたものの、露天風呂はずっと貸し切り状態でのんびりと外を眺めていた。
女子風呂は常にやや混み状態なので朝5時前後の入浴はお勧めかもね!

コメント