ユニバーサルスタジオジャパン・ルパン三世と成功の1日

娯楽

2019年4月20日~4月21日 我が生誕記念イベント

今回は1.5日のUSJ2日目、アーリーパークインチケットを利用しての入場。USJは日や開園待ち状況によって入園を早めたりすることもあるらしく、アーリーパークインと言えどもWEB上で情報を確認しないとチケットが無駄になってしまう。という事で本日は8時開園を確認し7時40分にゲートに並ぶべく手はずを整えた。
お目当ては「ルパン三世カーチェイスXRライド」で、2019年1月18日~6月23日まで実施されるNEWアトラクション!150分待ちは当たり前と噂の髙い乗り物なので、アーリーパークインと言えども1時間で乗れたらラッキー、最悪2時間の覚悟はして挑んだ。

この日は開園が早まることもなく、アーリーは8時、一般は8時30分に入園。私たちは8時開園と共に真っすぐにルパン三世に向かう。この日は恐らく混雑日ではなかったんじゃないかと思う。テクテク歩いてルパン乗り場に到着し、ガランとした空間をスイスイと抜けると40分でライド終了して出て来た。お?早くて1時間の予定が20分もバッファーが出来たぞ?


ルパン三世ライドは3D眼鏡を装着して映像に合わせてグワングワン揺れる乗り物を楽しむ。あらすじはお宝をゲットして逃げるルパン達のフィアット後部座席に我々は乗ってパトカーに追っかけられるというカーチェイス。ストーリーもさることながらスピード感も最高!ただ、3D眼鏡を装着したまま同乗したはずの連れの方を向いても誰もいないので変な気分。あくまでもアトラクション上はルパン一味と自分のみが逃げている設定。まぁ確かにアニメーションの映像の中横向いたら実写の人間がいたら興覚めかな。

喜ばしい事だけど時間に大幅な余裕が出来たため、次何するかねぇなんて話しながら園内散歩。と、スパイダーマンの前を通りかかる。

という訳で吸い込まれるようにスパイダーマンへ!アーリー入園って最高。

スパイダーマンのアトラクションは何年前だかにリニューアルされたと聞いた気がするけど、正直2003年の時と何が変わったのか覚えていなかった。とは言えぐわんぐわんビルを飛び回るスパイダーマンに翻弄される我々の乗り物。敵のあの友達のお父さん?だったかが執拗に乗り物を狙うもんだから揺れて揺れてまぁ大変!
乗る予定はなかったけど十分に堪能させて頂いた。
と、この時まだ9時過ぎ。という事でスヌーピーショップにお買物の下見へと参る。

いやね、何となく薄々だけど感じてたんですよね、イースターのスヌーピーに何が起こるのか。
元々耳の長いビーグル犬のスヌーピーに耳の長いウサギのコスプレっていうと、地耳をウサ耳に見立てるか別途ウサ耳を装着するか。まぁ後者ですよね。結果がこれ。
か、可愛いと思う人とそうじゃないに分かれるな。

OPEN前のスヌーピーカフェ

スヌーピーは世代幅広く愛されているけど、そもそも日本の民間放送でアニメとか放映されたのだろうか?トムとジェリーとかポパイはテレビで見た記憶があるけど、スヌーピーをケーブルテレビとか以外で見た記憶がないような・・・

時間があったら見ようと言っていた「ユニバーサル・モンスター・ライブ・ロックンロール・ショー」の9時40分の回までスヌーピーショップをうろうろ。開園1時間でショップに来る人は少なくこちらもノンビリとお買物の下見が出来た。

とは言え、今お土産を買い始めると1日中持ち歩く羽目になるので色々と吟味して午後のハリーポッターアトラクションが終わった後の帰りに購入することにする。
時間が経つと欲しいと思ったものも心変わりすることもあるしね。

で、ユニバーサル・モンスター・ライブ・ロックンロール・ショーへ入場。実は前日の最終公演に行こうとしたのですが、満員なのか入れなかったのでリベンジ。だったけれども朝一の回という事でガラガラ。会場には900人収容との事で「並ばなくても入れるんじゃない?」と中に入っていく。
で、不意に思い出す。このライブでは「出演者がステージの外に飛び出して会場を駆け回ります。モンスター達と触れ合いたい?人は前の方の席へ」との情報がどこかに書いてあった。そう、並んでまで入りたい人はモンスターと触れ合いたいのだ。
おうおうおうおう!ちょっと待って!
私は着ぐるみとかモンスターの類は、お化け屋敷とかゾンビイベントの仮装でも大の苦手!人とわかっていても想像力豊かなのか本当に近くに来られると突き飛ばしてしまうと思う。
会場に入ると嫌な予感は的中し前の方の席にご案内される。だがしかし!ここはハッキリとクルーに伝える。
「モンスターが来ない席はどこですか?」一瞬クルーのお姉さんの笑顔が止まる。とにかく例え不完全なメイクのモンスターであろうとも近寄られるのは無理だと説明。内心「いい大人が何言ってんだい」と思っただろうけど、とりあえず通路側じゃなければ触れ合いもなく大丈夫だとのこと。により不本意ながら前の方の席になったものの誰も近寄れないであろう通路から遠い真ん中の方に座った。
ショーの方はビートルジュースに扮したMCがスベリながらも会場を盛り上げつつ、フランケンシュタイン、ドラキュラ、狼男等のモンスターが80年代のロックをバシバシ歌い上げる。最初はダンスがモタモタしてて大丈夫?と心配したものの、そもそもボーカルがメインのキャストの方々なのでダンスはおまけだった模様。また、ライブと銘打っているので生バンドかと思いきやフランケンシュタインのエアギター・・・いる?それ。
圧倒的な感動やまた見たい!と思うようなショーではなかったけど、時間を持て余しぎみな私たちには丁度良い休憩時間となった。

そしてハリーポッターエリアへ!
ここのアトラクションも面白いという事で足を踏み入れてみる。皆大好きハリーポッター。
何度でも書くけど、ごめんよ、殆どお話知らないのだよ。

11時からのエクスプレスパスを利用してハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニーに並ぶ。こちらはエクスプレスパスと言えどもうねうねと並んだ。途中何度か自前のオニギリを頬張る人々を見かけたけど、ユニバーサルスタジオジャパンって飲食の持ち込み禁止じゃないんでしたっけ??


70分程並んでアトラクションにライド。この乗り物もぐわんぐわん動くので酔う人もいるらしいのですが、私は全くそんな事はなくとにかくキャーキャー叫んでいた。ちなみにこの日は朝のルパン、スパイダーマンで相当叫んでいたので喉にかなりの負担がかかっていたはず、にも関わらずここでも大絶叫!
何年ぶりにお腹の底から叫んでいただろうか。やはりリフレッシュにはジェットコースター系が最適!
で、特にこのエリアでやる事もないのでハリー・ポッターを後にした。時計は12時17分。
次のエクスプレスパスは13時30分からのジュラシックパーク・ザ・ライド。近くのピザ屋さんでお昼にする。
本日はビックリする程時間を巻いていて余裕どころかむしろ持て余してる感もあった。

さて、ラストのアトラクション「ジュラシックパーク・ザ・ライド」。こちらはレールに背中を付けて乗るタイプのジェットコースターで、足元はブラブラしてるし座るタイプとは視線が違って正面に地面を見るので上って行く時はその高さを直視して非常に怖い。数年前長島スパーランドでも同じように背中を付けた状態のジェットコースターに乗ったが、その時は上りが本当に怖くて人生初のジェットコースターで一瞬目を瞑るという情けない事をしてしまった。
だけど今回は2度目の背中付けジェットコースターなので怖さもなくドンドン遠ざかる地面を見てヤッホー!だった。

アトラクションに乗り終えたのが14時27分で、帰りの新幹線に間に合うよう撤収する予定の17時30分までにはまだまだ時間がある。とは言え今から1、2時間並んで乗りたいアトラクションはなく、ルパン三世は150分待ちでそんな時間もない。全てが予定以上に上手く事が進むのも考えものかも。
この後15時過ぎまで園内のカフェでお水を飲みUSJを後にした。何故カフェでお水だったかというと流石に18時40分発の新幹線まで新大阪駅にいるつもりもなかったので、USJを出て駅までの途中にあるタリーズで珈琲を飲むことにしたため園内ではお水という選択に至った次第。

さて、今回の1泊2日のUSJ旅行、ホテルも良かったし乗りたいアトラクションにも全部乗れたし大満足の生誕記念日になった。強いて言えば相変わらずUSJ周辺に夕飯を食べるところがない。2003年に来た時もそうだったけど、パレードを見て閉園21時に園を出てからホテルまで飲食店通りだけど、殆ど22時閉店だったりでラストオーダーに間に合わず入店出来ない。同じく夕飯喰らいっぱぐれた人たちで溢れかえっているのに2019年の今回もやはりお店がなくコンビニで夕飯調達の選択になったのですが、コンビニも大行列。滞在してるホテルは朝食ビュッフェしかなくルームサービスも提供していない。一端ホテルに帰って23時頃に空きを見込んでコンビニに行ったけどまだ行列だった。皆夕飯難民だと思われる。あの周辺の飲食店には提供時間とか何かしらのルールがあるのだろうか。もしくは都内の朝まで営業当たり前の飲食店に慣れてしまっているのだろうか。
来年2020年オリンピックイヤーには、海外から沢山旅行者が来て選手応援の傍ら日本の観光地に足を伸ばす人も多いと思う。そんな中、USJを訪れた外国人が夕飯難民になるのが目に浮かぶ。まぁディズニーも園を出たら近くに飲食店ないから同じ感じになるんだけど、あちらは閉園時間が22時だから園内で食事をとる時間がちゃんとあるんだよなぁ・・・

おまけ写真

コメント